歯型

歯医者でインプラント~インプラントで人工歯をブロック~

効果について

治療

インプラントに注目が集まっています。インプラントには、自然な歯を活用できるという特典があります。インプラントは天然歯と変わらないよう人工歯を固定するために歯茎にねじ込みます。

» 詳細へ

各方法との違いとは?

院内

インプラントは固定力のある人工歯を活用できる治療法です。人工歯にも沢山の種類があります。ブリッジ治療という方法もあります。一般的な方法だといわれていますが、どうしても歯にぐらつきがある治療法といわれています。

» 詳細へ

どんな方法なのか?

歯医者

これまでに、志木の歯医者、歯科にお世話になった事がある方は多いのではないでしょうか歯というものは、普段人間の体に有って当たり前といった感覚のものでありますが、かなり「重要な役割」をしているパーツでもありますよね。そんな歯のトラブルに対して色々と治療を行ってくれるのが歯のプロである歯科・歯医者であります。インプラントというものは、この歯志木の医者や歯科だけの世界に存在するものでは実はありません。
ご存じの方も多いと思いますが、このインプラントというのは体の中へ埋め込む器具の事をさしているんですよね。
例えば、骨を骨折した時に治療としてボトルを埋め込む事などもありますよね?その骨を固定するためのボトルもまた「インプラント」になります。
さて、それではこの歯医者・歯科でのインプラントとは何になるかといいますと・・・それは歯の根っことして顎の骨に埋める人工歯根となります。

歯がなくなった部分に、人工的な歯の根っこである「人工歯根」を埋め込むといった方法です。人工歯根は、顎の骨の部分に埋め込まれ、そしてその上に歯となる人口歯を取りつけます。これによってしっかりと安定した強度のある歯となるのです。人工歯根の素材は「チタン」を使用しています。実はこのチタン、人間の体には拒否反応を起こすことがない素材として知られているものです。通常は、人間の骨と金属は結合することは考えられなかったのですが、このチタンに限っては半永久的に人間の骨と結合することができるんですね。

見えない部分

歯

インプラントを活用することにより見えない部分で歯を支えてくれるようになります。見えない部分で歯を固定、支えてくれるインプラントは、歯を支える縁の下の力持ちです。

» 詳細へ