看護師

歯医者でインプラント~インプラントで人工歯をブロック~

各方法との違いとは?

院内

歯科、歯医者によっての歯の治療はこのインプラントの他にももちろん色々とあります。 例えば「入れ歯」、「差し歯」、「ブリッジ」など、一度は聞いた事があるのではないでしょうか。 さて、そんな事でここではインプラントという方法とこれらの他の方法の違いについても紹介してみたいと思います。差し歯は簡単に説明すると、自分の歯根の部分に人口歯を差しこんで歯をつくる方法です。この差し歯のメリットはなんといっても自分の歯根を使って人工歯を手に入れる事ができる事です。そんなわけで、もちろん自分の歯根がなければこの差し歯という方法を行う事はできません。こちらは、健康である歯を利用して人工歯を固定する方法です。歯がない部分にブリッジ、橋をかける事で人工歯が固定できます。違和感がなく、安定した噛み心地を手に入れることができますがブリッジをかける際に歯を削る必要がある事でも知られています。入れ歯は専門のバネによって固定する、また歯にひっかけて固定するといった方法の歯になります。こちらはご存じ、取り外しができるため手入れや扱いが楽な事がメリットとされています。ただ、噛む力や安定感がやや弱いとしても知られています。固定力を高めるならインプラントを行うのも一つの方法です。インプラントを行う際には人工歯の選び方にも気をつけましょう。人工歯にはあらゆる種類の歯あります。歯を抜歯しないことが大切ですが、どうしても抜歯してしまうときはインプラントをするといいでしょう。