身近に存在する原料

作業員

用途によって使い分ける

白色顔料の原料として使われている酸化チタンは、主に製品を白くする役割を持ち、私たちの身近に存在している物質です。例えば、ファンデーションなどの化粧品、機器製品の電子材料としても使用され、それぞれの用途に応じた酸化チタンを選ぶことが大切です。また、酸化チタンは、使用量によっては、発がん性物質や不妊、またはアルツハイマーを引き起こす危険性もあるため、正しい量を使用することが大切です。酸化チタンと言えば、物を白くする白色顔料であることが一番の特徴であるため、化粧品の原料としてよく知られています。特に、サンスクリーン製品や日焼け止めとして用いる場合は、UVカット効果を付与した原料を使うと大変有効です。また、ファンデーションとして用いる場合は、透明性や着色効果が高い機能を付与した酸化チタンを使うと、より製品として価値が上がります。電子材料として酸化チタンを用いる場合は、酸化チタンにどの化学物質が軽減されているかで分別することができます。例えば、酸化カリウムや五酸化ニリンが低減されていると、電気を通す製品で障害がなく使用できます。また、光触媒として酸化チタンを用いる場合は、親水性や高耐候性など、それぞれの特徴を調べて、必要な原料を調達することが大切です。一口に酸化チタンと言っても、特徴によってグレードが異なるため、どの原料を選ぶかで自分たちの求める製品が変わってきます。酸化チタンは、大変安定した物質で、さまざまな原料として用いられることが多いため、目的に合った原料を使用することが大切です。

Copyright© 2018 優良業者に金属加工を依頼【相場価格を事前に確認】 All Rights Reserved.